• ホーム
  • ユービック株の狙い目の時期

ユービック株の狙い目の時期

最近の株式投資においては非常に大きな投資判断が必要になってきており、現在ではヨーロッパにおいては非常に大きな政治的不安が広がっています。
特に、イギリスがEUから離脱するというニュースが流れたことによって多くの投資家たちがどんどんと不安心理をあおられるようになりました。
このため、世界においては非常に不安心理にかられるようになり、多くの投資家たちが売りを先行させるようになってきています。
このような状況が続いているため安全資産として認識されている日本円は買われるようになり円高基調になるように推移しています。
さらには円高になると今度は日本の株式市場においては輸出企業多いため非常に下げる傾向が強くなるため、どんどんと割安感が出てくるようになります。

このような状況になってくると逆にユービック株などは狙い目の時期に入ってきます。
ユービックに関してはこれまで財務諸表においても非常に好決算を発表しており、財務的には安定した推移を見せていました。
流動資産に関しても多く保有しており、会社の健全性を表す自己資本比率に関しても問題なく推移しています。
さらに、現在の売り上げ高に関してもどんどんと上昇しており、企業としての健全性が安定している状態を表しています。
このような会社に対して世界としての情勢不安状態においては企業の業績とは関係なく株価に関しては日経平均と連動して下げるといった動きになるため、より一層購入に対しては良いタイミングになってきます。
さらには、参議院選挙においては自民党が圧勝したため金融政策についても変化することがないため、市場の心理としては安心感が出るようになりました。
そのため、株価についても上昇の傾向にあります。

関連記事