• ホーム
  • 株をするなら分割のことや日記をつけておくことが大事

株をするなら分割のことや日記をつけておくことが大事

株式投資をするのであれば、覚えておきたいことはいくつもありますが分割のことを理解しておかないと急激に価値が、下がってしまったと勘違いしてしまうことがあるので覚えておきましょう。
分割というのは文字通り、株の数を分割することであり二分の一に分けたり、十分の一に分けたりすることになります。

例えば1000株持っている銘柄が十分の一に分けられると保有している株は1万株になります。
それでは、株価は一体どのようになるのかというとこの場合では十分の一程度になることが普通です。
それではなぜ、分割をする必要があるのかというと分割をすることによって見た目の価格が安くなりますから、取引をしやすくなりその結果として流動性が増すことになるためです。
わかりやすく言えば、それまでセット売りされていたものがバラ売りもされるようなものです。
それまでセットでは欲しくなかったという人でも、バラ売りがされることによって買おうという気になることから需要が増えることになるのです。

このような仕組みを覚えておくことも大切なことですが、それ以外にも日頃の出来事を日記につけておくというのも大切なことになります。
その時その時に起こったことを日記につけておき、将来似たようなことが起きた時に過去の経験を活かすというのは相場の世界でも有効です。
その時感じたことを日記としてつけておくのは投資の成績を向上させるために非常に役に立つのです。
すぐには役に立たないかもしれませんが、経験の積み重ねをすることによって相場にどのように向い合っていけば良いのかということを知ることができます。
取引を行っていて疑問に感じたことなどを日記につけておくと将来的にそれが大きな財産となります。

関連記事